不動産の名義変更(相続登記)

相続による不動産の名義変更(相続登記)についてご説明いたします。

不動産(土地・建物)を相続するには、被相続人名義の不動産を、相続人名義へ変更する必要があります。

相続による不動産(土地・建物)の名義を変更する手続きは、遺産分割協議を済ませてから進めます。
不動産の名義変更を怠ると、問題や面倒ごとに巻き込まれてしまう原因にもなりますので、相続不動産の名義変更はできるだけ迅速に行うことをお勧めいたします

不動産(土地・建物)は、民法によって時効取得が認められています
つまり、相続した不動産が一定の期間、他の人間によって占有されている状態があると、その人がどういった意思でその不動産を占有していたかという理由に関係なく、その人のものと認められてしまうことがあるということです。
また、占有をやめてもらうためには、法律に則った手続きを取る必要があります。そうしなければ、たとえ自分の不動産であっても、反対に訴えられてしまう可能性もあるのです。

不動産の名義変更の方法

名義変更の流れ

  1. 遺産分割協議書で、被相続人の遺産の分割方法を決める
  2. 不動産の名義変更(登記)に必要となる種類を集める
  3. 登記申請書を作成
  4. 法務局へ提出

手続きの進め方

どのように遺産分割の協議が行われたかによって不動産の名義変更(登記)に必要となる書類の種類が異なります。 具体的には次の通りです。

【法定相続人が一人しかいない、又は法定相続分で相続をする場合】

  1. 故人の出生から死亡までの戸籍謄本
  2. 相続する人の戸籍謄本
  3. 相続する人の住民票
  4. 不動産の固定資産税評価証明書

これらの書類を取得する場所は、市区町村役場です。ただし、東京23区の不動産についての固定資産税評価証明書の取得場所にかぎっては、都税事務所となります。

【遺産分割協議によって決定した割合で相続をする場合】

  1. 故人の出生から死亡までの戸籍謄本
  2. 相続する人の戸籍謄本
  3. 相続する人の住民票
  4. 不動産の固定資産税評価証明書
  5. 相続する人の印鑑証明書
  6. 遺産分割協議書

遺産分割協議書は、遺産分割のページで作成した協議書をそのまま利用できます。

申請書の作成

登記の申請書の作成については当事務所の協力者である司法書士が担当いたします。
通常、登記の申請は、集めた書類を申請書にクリップ等で留め、その土地建物の所在地を管轄する法務局(登記所)に申請を行います。
提出した書類に不備などがなければ、およそ1週間で相続登記(名義変更)が完了します。

登記を申請する際には登録免許税が発生します。 登録免許税の金額は、固定資産税評価証明に記載されている不動産の価格に千分の四を乗じた額となります。

土地を分割してから登記する場合

複数の相続人で土地を分割して分ける場合、相続の登記申請の前に、その土地を物理的に分ける手続きを行わなければなりません

まず地積測量を行い、1つの土地を複数の土地に分ける手続き(土地分筆登記)の申請をします。その後、各相続人の名義変更をするための相続登記を申請します。

不動産の名義変更(相続登記)に関わる手続きについて、疑問や不安をお持ちの方は、当事務所へ、お気軽にご相談ください。

 

当事務所へのアクセス

地下鉄桜通線 久屋大通駅で降りていただき、名駅やテレビ塔を背に道なりに進んで下さい
tt01.jpg tt02.jpg
 
東区泉1丁目の交差点を2つ通り過ぎた、左手にある泉ファーストスクエアが当ビルになります
 tt03.jpg tt04.jpg 

自動車でお越しになる方は、お気軽に当事務所のスタッフにお申し付け下さい。
駐車場のご案内をさせていただきます。