3か月を経過した相続放棄

『相続放棄をしようと思ったが、気づいた時には相続開始から3ヶ月を過ぎてしまっていた。諦めるしかないのだろうか...』
というような方が、まれにいらっしゃいます。
結論から言いますと、相続から3か月を過ぎてしまっていても、相続放棄をできる可能性はあります

実際、「被相続人が亡くなったことも、自分が相続人であることも知っていたが、熟慮期間の3か月の間、借金があることを知らなかったっため相続放棄はしなかった。」というケースがあり、これについて最高裁判所は相続放棄を認める判決を下しました。

【昭和59年4月27日の相続放棄についての最高裁判所の判断】

死亡という事実および自分が相続人であることを知った場合でも、被相続人に相続財産が全く存在しないと信じており、かつ、相続人においてそのように信ずるについて相当な理由があると認められる場合には、相続人が相続財産の全部もしくは一部の存在を認識したとき又は通常これを認識し得べかりし時から起算される。

このように、たとえ相続開始から3ヶ月を過ぎてしまっても、相続放棄を認められる場合があります。