限定承認とは

限定承認についてご説明いたします。
相続予定の財産に、プラスの財産(預貯金、不動産など資産となる財産)と負の財産(ローン、借金など負債となる財産)があった場合、プラスとなる財産を限度として負の財産も相続し、それ以上の負の財産を相続しない方法です。

具体的には、『相続財産を調べると負の財産の方が多いことがわかったが、プラスの財産の中にどうしても相続したいものがある』といった場合に行われる方法です。

また、被相続人が個人商店などの事業をしていた場合、プラスとなる財産と負の財産が複雑に入り組んで、全体像がはっきりしない場合などにも有効であると言えます。

限定承認を行うためには、相続人が相続開始を知った日(被相続人の死亡を知った日)から3ヶ月以内に、家庭裁判所に限定承認の申立をする必要があります
3ヶ月を過ぎてしまうと、自動的に「単純承認(預貯金や不動産などの財産と、借金などの債務を、無条件で全部引き継ぐ相続方法)」をしたという扱いになります。
また、複数の相続人がいる場合は相続人全員が一致して申請を行う必要があります。