HOME > 不動産相続の基礎知識

不動産相続の基礎知識

被相続人が亡くなった瞬間から、相続は発生します。
遺産には、現金や有価証券、貴金属、美術品などがありますが、
一番難しく相続人が複数いる場合などにトラブルになるのが不動産の相続です。
不動産を相続する場合、不動産の形(畑や山、駐車場などの土地、一軒家、マンション、ビルなどの建物)、
住んでいるのか、放置したままなのか、利益を生んでいるものなのかといった状況、
相続人の人数や被相続人との関係などによって違ってくるので問題が多く、骨肉の争いになりかねません。
相続は人生の中で、何回も体験するという人は少ないでしょう。
現金などの遺産に関しては分割や相続税などに関しても分かりやすく、早い対応もできますが、
不動産の相続に関しては何かと後手に回りがちです。
こちらでは不動産相続の基礎知識について、ご紹介しています。

相続した不動産を分ける4つの方法とは?

不動産を複数の人が相続して分ける場合、現物分割(分筆)、代償分割、換価分割、共有分割の四つの方法があります。それぞれのメリット・デメリットを知り、ベストな方法を選択しましょう。

・・・つづきはこちら

不動産売却時にかかる費用は、仲介手数料、解体費、測量費、抵当権抹消費、印紙税、不用品の処分費用、引っ越し代などですが、相続した不動産の場合の税金は、譲渡所得税などがかかります。

・・・つづきはこちら

相続した不動産を分ける4つの方法とは?

使用していない荒れ地で、売っても二束三文、そもそも売れない、固定資産税だけが毎年かかってくる…というような、いらない不動産に関しては相続を放棄することもできます。

・・・つづきはこちら

財産を相続する場合、現金の場合は課税対象のため金額が高くなりますが、不動産の場合には固定資産税評価となるので、だいたい時価の3割くらいの評価となることが多く、相続税対策に有効です。

・・・つづきはこちら

相続した不動産を分ける4つの方法とは?

相続した不動産は、早いうちに相続登記をしないと、デメリットばかりでメリットはなく、売却など次のステップに進みたい場合でも、亡くなった方の名義のままでは進むことができません。

・・・つづきはこちら

相続した不動産を分ける4つの方法とは?

被相続人から不動産を相続することになると、登記手続きをすることになります。亡くなられた人の書類も準備することになるので、場合によっては骨が折れる作業になるでしょう。

・・・つづきはこちら

相続した不動産を分ける4つの方法とは?

被相続人に借金がある場合相続が少々面倒になります。限定承認という手もありますが、あまり一般的ではないかもしれません。ですが不動産も限定相続できますから必要に応じて利用してください。

・・・つづきはこちら

共有名義の不動産を相続する場合

相続というと面倒なイメージがあると思われます。それが共有名義の不動産を相続するとなると、余計大変でしょう。様々な問題が起こる可能性もありますし、負担も増えるかもしれません。

・・・つづきはこちら

相続した不動産を分ける4つの方法とは?

不動産の生前贈与をする人が増えています。理由は贈与税が下がり、逆に相続税が上がったからでしょう。ただ何も考えずに生前贈与等をするよりも、専門家に問い合わせる方が良いでしょう。

・・・つづきはこちら

相続した不動産を売却した際の確定申告について

相続した不動産を持っているというのは、メリットもあればデメリットもあります。固定資産税もかかるので活用していないのなら売却することも検討しましょう。確定申告もきちんとしましょう。

・・・つづきはこちら

戸建とマンションの相続の違い

戸建物件を相続するか、マンションを相続するかによって、かかる相続税が大きく変わるケースがあります。それ以外にも相続後の活用方法や税金など諸費用額にも開きがあるので注意しましょう。

・・・つづきはこちら

非同居不動産の相続について

相続税が増税されましたが、特例を活用することによって同居親族などが評価額を減らせる恩恵を受けられます。条件を満たすと、非同居の親族であっても8割の評価額減となります。

・・・つづきはこちら

故人の不動産の固定資産税はどうしたらいい?

故人から相続した不動産は相続人が支払うことになります。面倒ですがしっかりと名義を変更してください。放置している人もいますが、結果的に固定資産税は相続人が支払うことになります。

・・・つづきはこちら

不動産相続の評価額について

相続の中にはプラスのものもマイナスのものもあり、時には負債付不動産を相続することになるケースもあります。負債については共同債務という形になるでしょう。相続放棄もひとつの手です。

・・・つづきはこちら

負債付不動産の相続について

相続の中にはプラスのものもマイナスのものもあり、時には負債付不動産を相続することになるケースもあります。負債については共同債務という形になるでしょう。相続放棄もひとつの手です。

・・・つづきはこちら

不動産の名義を変更する相続登記とは

不動産の相続を行うときには、「相続登記」という手続きを行います。相続登記とは、いわゆる名義変更のこと。これを怠ると無用な不利益に発展する可能性があるため注意が必要です。

・・・つづきはこちら

不動産相続で遺産分割するには

遺産分割は不動産相続においても行われます。その分け方にはいくつかの方法がありますので、相続権を持つ人同士の話し合いにおいて、最も全員に不利益がないと考えられるものを選択しましょう。

・・・つづきはこちら

不動産相続のために作成すべき財産目録とは

財産目録は、どのような資産、あるいは負債が遺されているかを知るのに最適なものです。専門家に依頼するなどして、正確に相続財産の割り出しを行うようにして行きましょう。

・・・つづきはこちら

不動産相続の土地評価額でいう「時価」の考え方

不動産相続の土地評価額は、「時価」で算定されます。土地は常に一定の価格ではありませんので、遺産分割協議時点での価値が採用されるのです。相続人の負担が少ないものを選択しましょう。

・・・つづきはこちら

不動産相続税を減らすための生前贈与について

不動産を相続する際の税金が上がりました。しかし、生前贈与を使えば負担を抑えることが可能です。2500万円の範囲内であれば非課税となる方法もありますので、検討してみましょう。

・・・つづきはこちら

不動産相続における相続登記の種類

不動産相続では相続登記が必要です。主として法定相続分、遺産分割、遺言書に基づくものの他、ケースに応じて死因贈与、相続分譲渡、所有権移転登記や不動産名義変更などがあります。

・・・つづきはこちら

相続開始後の不動産賃料は遺産相続の対象になる?

不動産と不動産の資料は根本的に違うものですが、資料の場合は遺産相続の対象にはなりません。また資料を持っているからといってその対象が不動産をすべて相続できるわけでもありません。

・・・つづきはこちら

不動産相続の開始後にまず確認すべきこととその流れ

不動産相続といっても故人に借金があればそれを相殺する格好になるのでプラスの遺産もマイナスの遺産も引き継ぐ形になってしまいます。相続開始後にできる手続きについて理解しておきましょう。

・・・つづきはこちら

不動産相続における「特別受益証明書」とは

相続放棄とはすなわちプラスの遺産もマイナスの遺産も受け取らないことを意味しますが、特別受益証明書はプラスの遺産を受け取らずマイナスの遺産を請求されるという厄介なものです。

・・・つづきはこちら

不動産相続で有効活用すべき「換価分割」と「代償分割」

遺産相続は現金、株券、不動産など、分割しやすいものからしづらいものまで様々なものが対象となってきます。特に不動産の場合は換価分割という形で相続をするのが一般的です。

・・・つづきはこちら

不動産相続で登記を放置することによるデメリットとは

不動産の相続登記には義務も期限もない、それならばデメリットなど無いのでは?と思いがちですが、実はデメリットがあるのです。相続登記を放置したままですと様々な不都合が生じます。

・・・つづきはこちら

不動産相続登記の名義変更に必要な書類

不動産の相続登記の変更には書類が必要となります。必要な書類には亡くなった方の書類と相続人の方の書類があります。書類は放置せずできるだけ年内に用意するのがおすすめです。

・・・つづきはこちら

不動産相続で相続人の中に行方不明者がいる場合

相続人が行方不明の場合、まずは家庭裁判所に不在者財産管理人選任を申し立てる必要があります。裁判所が選んだ不在者財産管理人が代理で遺産分割協議に参加し、遺産を分割します。

・・・つづきはこちら

不動産相続では借家権・借地権も相続できる

借地権や借家権も不動産相続の対象になるのです。ですので、借家などの相続については貸主の承諾は不要になります。また、貸主が立ち退きを求めてきても応じる必要もありません。

・・・つづきはこちら

不動産相続で「底地」を相続した場合のデメリットとは

底地は相続の際にデメリットになりやすいです。底地は相続の際に評価額が高く、相続税の負担が大きくて資産価値が高くないからなのです。解決する方法の一つとして底地の売却があります。

・・・つづきはこちら

不動産相続で節税メリットのある「広大地」とは

不動産相続における広大地とは、税務当局が示す基準を満たした、地積が広く戸建分譲住宅用地に有効で道路等の用地負担が必要な土地を指します。40%~60%もの相続税が減税されるので、節税効果は抜群です。

・・・つづきはこちら

不動産相続で広大地判定を受けるためのポイント

広大地判定を受けるには、地積が広く戸建分譲住宅用地に有効で道路等の用地負担が必要な土地という全ての条件を満たす必要があります。判定基準は厳しいが相続税の節税効果は抜群です。

・・・つづきはこちら

不動産相続で農地を相続した場合

不動産相続によって農地を相続する場合、農地法の許可なく名義変更ができ相続税納税も猶予されますが、農業委員会への届け出が必要で、無届には罰則もあります。

・・・つづきはこちら

不動産相続で広大地判定を受けるためのポイント

不動産相続で山林を相続した場合は各市町村への届け出が必要です。相続発生後90日以内に届け出をしないと、10万円以下の過料の処分を受けることがあるので注意が必要です。

・・・つづきはこちら

これだけは避けたい相続不動産の共有

不動産相続によって農地を相続する場合、農地法の許可なく名義変更ができ相続税納税も猶予されますが、農業委員会への届け出が必要で、無届には罰則もあります。

・・・つづきはこちら

不動産の相続人に認知症の人がいる場合

相続人の中に認知症の方がいる場合は、その方を無視して遺産分割協議を進めることはできません。成年後見人制度を利用して代理人を立てて、正しい手続きで協議を進めましょう。

・・・つづきはこちら

不動産の相続人に未成年者がいる場合

相続人の中に未成年がいる場合、未成年には法律行為ができません。相続の場合は親権者も未成年の法定代理人にはなれないので、家庭裁判所に申請をして特別代理人を立てる必要があります。

・・・つづきはこちら

不動産相続で売れない土地を相続した場合の物納とは

不動産を相続したが、相続税を支払うことが困難…といった場合に有効なのが物納です。国が市価よりも高く評価して収納してくれるので、高く売れない底地などの土地は物納がオススメです

・・・つづきはこちら

不動産相続した空き家は売却すべき?

社会問題になっている空き家。相続しても既に住宅があれば誰も住まずに空き家になることもしばしば。空き家は、誰も住まない場合は賃貸物件として収入を得るか、売却することがオススメです。

・・・つづきはこちら

不動産相続で広大地判定を受けるためのポイント

相続税を納税した人のうち7割以上が過大申告をして余分に相続税を納税しています。申告後5年以内であれば、土地評価額を見直すことで余分に納めた相続税の還付手続きを取ることができます。

・・・つづきはこちら

不動産相続における「遺贈」「贈与」の違いとは

不動産の相続に関するルールはややこしくて非常に厄介です。遺言書に書く文言を少し変えただけでも結果が大きく変わってきますので、各々の用語をきちんと理解しておきましょう。

・・・つづきはこちら

不動産の相続人に行方不明の人がいる場合

被相続人が遺した不動産を相続人で相続することになった際、もし中に行方不明者がいたら、スムーズに相続作業が進まなくなるでしょう。代理人が遺産分割協議に入る方法もあります。

・・・つづきはこちら

不動産相続で遺産分割協議がまとまらないときは

相続に関する問題で揉めることは意外と多くて、例えば不動産を相続する時に複数人相続人がいる場合、遺産分割協議がまとまらないこともあります。最終的には調停や審判となります。

・・・つづきはこちら

不動産相続で相続人がいない場合はどうなる?

被相続人が遺した不動産を誰も相続する人がいないというケースもあります。そんな時には家庭裁判所が管財人を任命して本当に相続人がいないか確認します。最終的には国庫に帰属します。

・・・つづきはこちら

不動産相続での特別縁故者への分与制度とは

不動産相続をする相続人がいない状況で、もし特別縁故者がいる場合は、名乗り出れば相続することができるでしょう。ただしいくつか条件があるので、把握しておきたいです。

・・・つづきはこちら

  • 初回の無料相談会
  • サポート料金
  • 不動産に関するQ&A

事務所紹介

クリックすると拡大されます 事務所所在地の地図

スタッフブログ